BATTLE OF TOKYO |

image

News

2020.03.28

BATTLE OF TOKYO

〜BATTLE OF TOKYO〜

 

外出自粛要請の真っ只なかで不安やストレスを感じている方も多いでしょう。それはバンド、ライブハウス、ロックバーや音楽ライターなども同じです。

 

今回はSURVIVE・NEMOとKC RYBACK・HAYASHI主導のもと、音楽シーンに身を置かれている方々にオススメの楽曲を選んでいただき、コメントをいただきました。それらをもとにプレイリストを作りましたので、この事態を少しでも明るい気持ちで乗り切るため、ご活用いただけましたら幸いです。

 

一人一人の力には限界がありますが、シーンの力を合わせれば、事態が収束したあともお互いの助けになれるはずです。

 

プレイリストを楽しみながら、ご自分のSNSなどでシェアしていただけましたら幸いです!

 

SURVIVE・NEMO、KC RYBACK・HAYASHI

 

Apple Music:

https://music.apple.com/jp/playlist/battle-of-tokyo/pl.u-jV896gWubbxLMa

 

Spotify:

https://open.spotify.com/playlist/6Ssv3EJxwkxAPSnKSQnYpd?si=zNBvG_l8Q2aYsF-PhM0PYQ

 

YouTube:

https://www.youtube.com/playlist?list=PLKzi6APaBjtYqIgtgOzOM3Avs5IjATrXp

 

*YouTubeのプレイリストは一部選曲が異なります。こちらもよかったらチェックしてみてください

 

「楽曲/アーティスト」選者

 

「This Is Now/Hatebreed」ケイタ・バミューダ★バガボンド

http://www.bermudavagabond.com/

 

今はみんなそれぞれが、悩んで それぞれの決断をしなければ いけない状況のなかで、それぞれの決断を非難し合うときではなく、これからの事をみんなで良く考え、次の行動の為の準備期間だと思っています みんなで乗り越えましょう 。

 

「Storm of Stress/Terrorizer」工藤サトシ・音楽ライター

コロナだの自粛だの、嫌になるようなことばかりの毎日。そんなストレスフルな状況下における1分半の音楽の清涼剤。

 

 

「Tornado of Souls/MEGADETH」Sadew・BLOOD STAIN CHILD

http://www.bloodstainchild.com/news.html

僕が推したいのは  MEGADETHの Tornado of Souls  です! 13〜4歳の頃に幼なじみのツレの兄貴がくれたオススメ音源集のカセットテープの1曲目でした。

 

コロナがどうなろうと、世の中の環境がどうなろうと、心の中の世界は完全に自由で、誰にも侵されることがない尊いものだと思います。 その尊い世界に灯をともし続けよう!って思います!

 

「Cross Over the Line/UNITED」ROMI・Bar FROM DUSK TILL DAWN Shinjuku

この非常事態のなか、それぞれ思う事はきっと沢山あるだろうけど力を合わせて乗り越えよう!  そしてまた皆で乾杯しよう!!

 

「THE FALL/ALICE IN HELL」ハマダイ・ALICE IN HELL

今回の新型コロナウイルスによる世界的な異常事態。 皆さんも同じ想いかも知れませんがまさかここまで大きな出来事になるとは。 自分もバンドマンとして、ライブハウスで働く身として、高齢の親を持つ身として大きな影響を受けています。

 

9年前の東日本大震災も本当に大きな出来事で忘れることが出来ませんし、数年前から復興プロジェクトにも参加させてもらっていますが、そのチャリティーライブも今回のコロナ騒動で延期になりました。あの震災から10年も経たずにまたこのような大きな災害が起きるなんて本当に何と言っていいかわかりません。

 

イベント開催の是非やライブハウスの風評被害についてここで語ることは避けたいと思います。とにかく今は出来ることをやるしかないと思います。SURIVIVE・NEMO氏、KC RYBACK・HAYASHI氏もきっとそのような思いで今回の企画を立ち上げたことと思います。 素晴らしい試みに参加出来て両氏に感謝いたします。

 

やはりミュージシャンですから自分たちの曲を聴いて少しでも元気になってもらえたらと思い、自分たちのバンド、ALICE IN HELLの楽曲を選ばせていただきました。 今はただ一刻も早い事態の収集を祈るばかりです。ライブがやりたいです。一日も早くみんな笑顔でライブハウスで逢える日が来ますように。

 

「Pandemic/ACCEEPT」METAL BAR GODZ

『It’s a metal disease, pandemic!』同じ感染大流行なら恐怖のメタル感染がいいな。平和で。自分の身は自分で守る。

 

「Ace of Spades/Motörhead」シンジロウ・SURVIVE

http://www.rebel-survive.com/

世界の一大事に皆の心が1つになれればと思いました。個々が冷静に判断してウィルス収束に協力するべきだと思います。 イベントの中止や延期が相次いでますが、演者として皆様に伝えたいのは、今は耐えて、ウィルスが収束したら、待ち耐えた分を皆で発散しましょう!

 

「Death or Glory/The Clash」YÜKIÖ・BAR -PSY-

https://barpsy.com

・楽曲を選んだ理由
昔のイギリスの騎兵隊のスローガンである「Death or glory 」
この言葉は今我々が直面している状況で最も真摯に向き合わなければ行けないテーマだと思ったからです。
その騎兵隊の紋章とスローガンはのちにロッカーズやパンクスに受け継がれロックンロールの魂の基礎でもあると感じています。
その言葉がタイトルになったイギリスの大尊敬しているロッカーが歌うこの2曲は世の中に対する皮肉と「俺は負けねーよ」という根性が詰まっていると共に、ポップなメロディラインの中に哀愁漂うジョーの声、最初から最後までトップギアで駆け抜けるレミーの暴走ロックンロール。
どちらも素晴らしいからです。

今回の新型コロナウイルスの拡散によって社会に対して感じていること、リスナーの方々に伝えたいこと
今はこの大変な状況での辛抱、我慢を強いられてしまいますが我々が目指すものは栄光であるべく、いつか見える先の光を共に目指しましょう!
我々の大切な宝物「ロックンロール」は死なないと言う事を我々で証明してみせましょう!

・コメント
先のコメントの続きとなりますが、シーンへの恩返し、俺たちの生きた証明、それをやるのがロックンロール。
地位や名誉じゃないその先の栄光こそが不滅の魂である為にLemmy の座右の銘「Born to lose , Live to win」と共に「やる」か「やらない」か「Death or glory 」をスローガンに

 

「クソメディア-SamiとLeeは殺される-/Mighty Crown」4410・KC RYBACK

FUCK MEDIA

FUCK BABYLON

冷静に真実を見極め大切なものは自分たちで守りましょう

 

「Jupitar/平原綾香」Onji・Melt4

(https://melt4official.wixsite.com/melt4)

楽曲を選んだ理由は、今の時期だからこそ「ひとりじゃない。深い胸の奥で繋がっている」という歌詞が深く心に響いたから。

 

今後、周りにコロナウイルスを患った人が出てきても責めないであげてください。全員で助け合って、この緊急事態を乗り越えていきましょう!

 

「With or Without You/U2」Anza・HEAD PHONES PRESIDENT

http://headphonespresident.com/
いろんな過酷な状況のなか、改めて大切な人の事を思う事が大切かなと思い、この曲を選びました。

 

コロナ問題が大きくなるにつれて、自分達のようなミュージシャンや表現者は、ライブが出来ない事は本当に悔しくて辛い。
でも自分達の音楽を聴いてくれる人達に少しでも笑顔になって欲しいと思う気持ちは多くのバンドマンやミュージシャンも同じ。
こんな環境で何ができるのかを考えて進むしかない。
一人でも自分達の音楽を必要としてくれる人がいる限り!

 

「It’s Only Rock’n’Roll (But I Like It)/The Rolling Stones」HAYASHI・KC RYBACK

世間にとってはたかがロックンロールかもしれないけど、好きなんだから仕方ないでしょ。この状況下、いろんな意味で無傷で済む人はいないと思うけど、少なくとも身近な人とロックンロールは守れるように、みんなで頑張ろう

 

“We fight, get beat, rise, and fight again”

「戦い、撃たれ、立ち上がり、また戦う」

ナサニエル・グリーン

 

「Break On Through (To the Other Side)/Doors」NEMO・SURVIVE

新型コロナが猛威をふるうなか、何か出来ないかって思った。表現する以上何かしら発信していかなければやり続けなければと思う。収束したときに思い切りパーティーでもライブでもやってやろうよ! 反対側まで突き抜けるんだ! あの頃のロックのエネルギーを忘れず今こそ原点回帰だね! そんな事態と時代に来たんだな。

 

「時には昔の話を/加藤登紀子」Matsushima・Orgasm Grind Disruption

今の事態が早く過去になるように。

 

Diamonds & Rust/Joan Baez」桂 規之・ロックバー ROCK KITCHEN 1984
https://m.facebook.com/pages/category/Bar/ROCK-KITCHEN-1984-181591688560495/?locale2=ja_JP
シンプルに癒してくれる歌声なのでこの曲です。今回のウイルス騒ぎで正直感じている怖さは病気に対してより経済的悪影響。多少とも経済面でダメージを受けている方々が本当に闘うべきは、沈みがちな自分の気持ちだと思っています。負けずに頑張ります。

「Blowin’ in the Wind/Bob Dylan」MAA・沖縄SOBAR

http://okinawasobar.business.site

今はひたすら耐え忍ぶ忍耐のときだと思う。時期が過ぎたらまたいつも通り会場で楽しみましょう!

LINEで送る

Back